40代の悩み|家の外壁を塗りたいけど金がない‼︎そんな時は火災保険申請⁉︎

火災保険給付金

40代となると夢のマイホームを手に入れてから10数年が立つ時期ですよね。10数年となると外壁が痛んできて、そろそろ外壁塗装でもとお考えになる時期でもあります。外壁塗装は100万円近くかかる事で有名ですが、40代というと何かとお金がかかり外壁塗装にまで経済的に厳しいのが現実ではないでしょうか。しかし放っておくと自然災害でのダメージで屋根が痛み、雨漏りを起こすこともあります。外壁のコーキングの劣化で雨水が入り、木製の住宅であれば骨組みに支障をきたすこともあると思います。どちらにしても近いうちに塗替えを行わなくてはいけないことになると思います。そこで経済的に厳しい中救世主が火災保険申請での給付金から支払いをするというものになります。ここまではしていると言う方も多いかと思いますが、最近のニュースでも報じられており、給付金詐欺的なことも悪徳業者と知らずに利用した結果、違法な給付金を受け取ってしまうことがある様です。悪徳業者も罪ですが、結局受け取った人に罪が被せられることになる様です。そこで、安心して給付金を受け取り、そのお金で家の外壁を塗り替え、余ったお金は生活費に回すという経済的にとても優しい火災保険申請サポートをご紹介します。

一級建築士の調査は給付金が高額になることが多い

素人など専門外の担当者が調査する会社もがあります。調査をお願いする側としては、「プロが見てくれるんだから間違いないでしょ」って思いませんか。しかし素人など専門外の担当者が調査する会社もあるんですよ。本当のプロは専門外の担当者と比べ、国家資格を取得した建物診断ができる一級建築士です。知識があってもなかなか一級建築士が調査を行なっているかなんて素人にはわかりません。 火災保険や地震保険の申請はやり直すことが出来ないので、知識や経験のない専門外の担当者がサポートすると、出る保険も出なくなることがあります。正しい知識を身につけてと言いますが、こればっかりは信用できる業者を探すしかありません。

屋根や雨樋の損傷は一級建築士しか判断することが出来ない

まず外壁の調査って一級建築士がやってくれるって大半の方が思ってもいないようですよね。知ってしまうとただの業者さんとかに調査されるのって不安でしかないですよね。ただ、いちいち「そちらの業者さんは一級建築士が調査してくれますか?」なんんて聞いて回ることが出来ませんし、通常「担当者が行います。」と簡単にあしらわれてしまいます。台風など自然災害の調査は判断が難しく、調査人によって給付額が大きく変わるので、専門外の調査人が担当すると被害があっても否認されたりすることもあります。 一級建築士は専門家ですので、診断の難しい屋根や雨樋(雨どい)の火災保険の申請でも十分な結果を出すことが出来ます。

火災保険の申請には手数料がかかる

「早速一級建築士が調査してくれる業者に相談してみたいけど、別途お金がかかったりするんじゃないの?」そこが心配ですよね。ただでさえお金がないのに手数料とかって響きが悪いですよね。通常給付金を受け取ってから35%ほど手数料がかかる様ですよ。それ以外にキャンセル料やリホーム業者との提携している業者であれば、リホームとのセット契約等で別途見積もりと言うこともあると思います。しかしセットでお安くしますので、この機会にリホームなんて必要のないことです。とにかく今はお金がないからできるだけ経済的に余裕を持って外壁を塗り替えたいだけなので、一歳の営業なしの業者を選ぶことが良いでしょう。しかしどこを選べば良いかわからないし、住宅を購入した業者に相談したら火災保険申請はやっていなく、外壁工事業者の紹介しかしてくれなかったと言うこともあると思います。本来手数料は申請後の給付金を受け取ってからかかるものですが、それ以外の手数料を請求されることもあるかもしれないと疑ってしまうと、やる気がどんどん失せてきますよね。そこで、平均35%の手数料がかかるのに、26.9%パーセントの手数料で一級建築士が調査をしてくれる。それだけでは足りずに、キャンセル料もかからず、弁護士監修持ついてくる。平均給付額は82万円ほどですが、102万円の給付額がもらえるとなると、またやる気が出てきますよね。しかも一才の営業はありません。もちろん給付金が出なかった場合の費用は無料ですので安心してください。経済的に外壁を塗り替えることを諦めかけていた中、救世主が現れた気持ちです。一級建築士+弁護士監修保険の専門家が地震火災のサポートをしてくれるプロレバです。

問い合わせが簡単

プロレバに問い合わせをして、まずあなたが給付金を受け取れるのかどうかを聞くことが出来ます。この類の問い合わせって面倒で苦手な人が多い様ですが、プロレバはメール、みんな大好きライン、電話で問い合わせが選べます。いちばん簡単なのがラインですよね。自分で探すと悪徳な業者に捕まってしまうのではないかと心配な方は間違いのないプロレバにお願いしたほうが良いでしょう。

給付金を受け取るまでの手順

百聞は一見に如かずです。無料診断の流れ

STEP①

問い合わせ

無料調査のスケジュールを調整。

※予約後のキャンセル料も無料。

STEP②

現地調査

一級建築士がご自宅を調査。 所要時間は1時間程度。

STEP③

書類作成

法律家と連携して専門的な書類を作成。

※給付金の額を決める大事な作業です。

STEP④

給付金振込

保険会社が給付金の額を確定。

3〜6週間で給付金が振り込まれます。

どうでしょうか?ここまで見てもまだ他の業者を探したいですか?
面倒なことは専門家に任せて、スムーズに終わらせましょう。

さいごに

40代って子供の学校や、思いがけない転職などでお金に困る時期なんですよね。ましてや今のコロナ禍での資金繰りはものすごく大変です。しかし苦労して手に入れたマイホームを手放さなくてはいけない。子供の生活環境を変えたくないと思う方であれば、必死に資金繰りをしているはずです。しかし出る一方のこの世の中、今まで真面目に支払っていた火災保険で給付金を受け取ることができると言うことは、真面目に生きてきた特権です。今まで真面目に払ってきたのですからしっかりサポートしてもらいましょう。そこで信用できる業者も見つかったのですから、前に進まない理由が見つかりませんよね。家を売却して住み続けられるリースバックというものもありますが、やはり持ち家で今のまま生活環境を維持することが一番の幸せではないでしょうか。近いうちにマイホームの修繕を考えていて、具体的な詳細をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました